メンズ

ブスリと刺される恐怖!キイロスズメバチを駆除

ねずみを駆除する方法

鼠

ねずみの住みにくい環境

日本に生息するねずみには、どぶねずみやくまねずみ、はつかねずみなどの種類があり、生息する環境が異なるのでどのようなねずみが害になっているかを調べる事で、適切なねずみ駆除をする事ができます。ねずみによる害には感染症や皮膚病などを引き起こす衛生的な被害や、鋭い歯でコードを噛み切る事で電気災害などが起こる都市機能の被害があります。ねずみが住み着きにくい環境を作り出した上で駆除剤を使用する事が必用であり、更には外部からの侵入を防ぐなどの対策をする事で完全なねずみ駆除を行う事ができます。生ごみはふたの付いたゴミ箱に入れたり、食品は外に出さないようにしたり、食器は食べたらすぐに洗うなど簡単に出来る事から始める事が必用です。

ねずみ忌避剤を使用する

ねずみの住みにくい環境を作った上で、場所に適したねずみ忌避剤を使用する事で大きな効果を得る事ができ、侵入を防止する効果もあります。ねずみ忌避剤には、使用できる範囲の目安が決められており部屋の大きさに応じた物を使用し、効果のある使用場所によって使い分ける事が大切です。置き型式の忌避剤であれば倉庫や物置や屋根裏、または流し台や冷蔵庫の下、通路や侵入口に設置する事で効果を得る事ができ、噴射式の忌避剤であれば通風孔や侵入口に使用すると効果があります。ねずみ駆除の効果を上げる為には、ねずみの食欲が増す秋から冬にかけて忌避剤を使用し、被害の出た場所や姿を良く見かける場所に複数箇所設置する事で効率用ねずみ駆除をする事ができます。